勢い(ノリ)で日々を過ごすMk.Xの住処(アジト)

「主に」どころか99.99999999%ゲーム関連の記事にする予定のBLOGです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あばばばば・・・

皆さん、おはこんばんちは。Mk.Xッ!!!(集中して作業できる環境が欲しい)です

の?まさんのサイトで「WA5のグレッグか3のジェット、または3アースガルズを描いていただけたら」とどれか1つを描いて欲しいなぁとリクエストしたら「リクは全部おkですよ」という予想の斜め上通り越して異次元の返答を頂きました。よし、全裸にネクタイ・・・と、靴下の装備も忘れないようにしよう


ん?、今日は色々とお買い物をして参りました

・PSYREN 9巻 ¥420
・WebMoney ¥4000
モンハン7.0パック ¥6000
BigBangBeat 1st Impression ¥750

¥11,170な?り?

なんかあり得ない商品が二つ並んでますね
買っちゃったよ、課金装備orzしかも、誓いからたった二ヶ月で誘惑に負けてしまいました
タバコなんか始めたら禁煙なんて一生無理だろうな?
いやぁ、どうしてもゴルト装備が欲しくなっちゃって・・・で、もう買っちゃったものは仕方ないので開き直って防具を作成して着けてみたら・・・

うわぉ、想像以上にゴツかった・・・

う?ん、スクショとか見てる限りはもうちょっとスマートだと思っていたのですが。まぁ、装備の組み合わせとかもあるだろうしな?
てか、アップデートが進んで普通に生産できるゴルトのデザイン防具が出てきたらマジで泣く
欲しかったのはゴルトの胴だけなのは秘密です


BBBを再び買ったのには理由がありまして・・・
と、言うのも最初は閉店間近となったゲーム店にて友達から「PCコーナーでうろブラ売ってるの見たよ」というのを聞いてPCコーナーを見回ってみたのですが、無い!
あまり気は乗らなかったのですがエロゲのコーナーまで入って確認したのにやっぱり無い!念のためもう一度PCゲームのコーナーを確認して・・・確認して・・・

なんかBBBがあるぅぅうう!

まさかの邂逅。昔秋葉で足を痛めながら店を回りまくって探し求めた作品がここに!しかも¥1500・・・のレジにて表示価格から半額の¥750
まぁ、今現在PC内にBBBはインストールされているのでいらないだろうとは思っていたのですが、去年の大掃除の際ディスクとかがどこにいったかわからなくなって内心ちょっと焦っていたので¥1000以内ということで買っちゃいました。まぁ、以前買ったやつが見つかったら保存用となんたら用にでも分けようと思ってます

あ、ちなみにうろブラは見つかりませんでした。畜生・・・


それにしてもPSYRENのキチ宮雨宮の声優が羽生の人か・・・「あぅあぅ」とか「うぐぅ」とかしか想像できないから雨宮にどうしても繋がらない。
まぁ、アニメ化とかされた日には声優変わると思いますが。てか、アニメ化しないかな?

MUGENに関しての記事は後日追記ということで・・・


先日の記事でRandomの値がどうたらとか話していて、「Randomの値で小さい値の方がでやすい」みたいなことを思い出したので実際に自分で確かめることにしました。最初に調べたのはvarRandomですが
”?な説がある”ってしか聞いた事がなくて実際に確かめたというのを聞いた事が無いのですが、もしかして過去に検証した人いるんでしょうか?もしいたら、私の行動ってかなり無駄なんですが・・・

一応検証結果みたいなのは書きますがメモ程度にしか書かないので、「こういうデータが取れたんだ」ぐらいに思われるのが吉かと思います

あと、検証方法を変えて何種類か検証していきたいと思いますが、この記事を見て「そもそも検証方法(記述とか)が間違っている or おかしい」とか「?のデータを教えてくれない(or 比較しないと)と検証にならない」みたいに思われたら問答無用でコメントなりに書き込んでください

検証1:
下記の記述を[Statedef -2]に足して、6000フレーム経過後の値を計測
計測は5回
記述追加キャラ:?さん製作 斬真狼牙
実験環境:WinMUGEN PLUS
      モードはトレーニングモード
      ステージは1024byteさん製作「オリジナルデバッグステージ」

追加記述
[State -2]
Type = DisplayToClipboard
Trigger1 = NumHelper(25000) > 0
Text = "AILv=%d,GuardLv=%d,Varvalue(1)=%d,Varvalue(2)=%d
"
Params = var(59),var(52),var(41),var(42)
IgnoreHitPause = 1
SuperMoveTime = 9999
PauseMoveTime = 9999

[State varValue]
Type = VarRandom
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 60 = 0
V = 40
Range = 0,99

[State Test1]
Type = varadd
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = var(40) = [0,49]
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 60 = 0
V = 41
value = 1

[State Test2]
Type = varadd
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = var(40) = [50,99]
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 60 = 0
V = 42
value = 1


ランダムのテストだよ?



簡単にまとめると1秒ごとにどの範囲の値を取ったかをカウントするものです。全合計100カウントとなります


計測値
一回目:
var(41) = 値が0?49だった回数 = 60
var(42) = 値が50?99だった回数 = 40

二回目:
var(41) = 60
var(42) = 40

三回目:
var(41) = 52
var(42) = 48

四回目:
var(41) = 49
var(42) = 51

五回目:
var(41) = 56
var(42) = 44



検証2:
上記の記述の「Time % 60 = 0」を「Time % 30 = 0」に変更
計測値
一回目:
var(41) = 値が0?49だった回数 = 102
var(42) = 値が50?99だった回数 = 98

二回目:
var(41) = 98
var(42) = 102

三回目:
var(41) = 111
var(42) = 89

四回目:
var(41) = 98
var(42) = 102

五回目:
var(41) = 92
var(42) = 108


検証3:
計測する段階を4つに増やし、var(41),var(42),var(43),var(44)をそれぞれ
30フレーム毎に「0?24」「25?49」「50?74」「75?99」の値を取った回数をカウントさせる

一回目:
var(41) = 値が0?24だった回数 = 52
var(42) = 値が25?49だった回数 = 55
var(43) = 値が50?74だった回数 = 50
var(44) = 値が75?99だった回数 = 43

二回目:
var(41) = 29
var(42) = 58
var(43) = 53
var(44) = 60

三回目:
var(41) = 49
var(42) = 53
var(43) = 46
var(44) = 52

四回目:
var(41) = 53
var(42) = 46
var(43) = 50
var(44) = 51

五回目:
var(41) = 45
var(42) = 43
var(43) = 66
var(44) = 46


検証4:
var(41),var(42),var(43),var(44)で計測する値を

[State Test1]
Type = varadd
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = var(40) = [0,24]Random = [0,249]
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 30 = 0
V = 41
value = 1

[State Test2]
Type = varadd
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = var(40) = [25,49]Random = [250,499]
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 30 = 0
V = 42
value = 1

[State Test3]
Type = varadd
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = var(40) = [50,74]Random = [500,749]
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 30 = 0
V = 43
value = 1

[State Test4]
Type = varadd
Trigger1 = StateNo = 0
Trigger1 = var(40) = [75,99]Random = [750,999]
Trigger1 = Time <= 6000
Trigger1 = Time % 30 = 0
V = 41
value = 1

のように変更してそれぞれ取る値を計測する


一回目:
var(41) = 値が0?249だった回数 = 43
var(42) = 値が250?499だった回数 = 57
var(43) = 値が500?749だった回数 = 46
var(44) = 値が750?999だった回数 = 44

二回目:
var(41) = 51
var(42) = 48
var(43) = 52
var(44) = 45

三回目:
var(41) = 47
var(42) = 52
var(43) = 48
var(44) = 42

四回目:
var(41) = 46
var(42) = 59
var(43) = 46
var(44) = 49

五回目:
var(41) = 53
var(42) = 67
var(43) = 48
var(44) = 39



今回はこのぐらいで
すみません、書いてる途中でブラウザを閉じたりモンハンを途中挟みながらの検証だったので随分結果を書くのが遅くなってしまいました。まぁ、今回はこんな感じです
アクセス解析など見てみると、この追記を開いている人が多いみたいで気になる人はいたんだな?、というのはわかりました。検証数少なくて実は全く参考にならないというね

まぁ、ちゃんとした結果が得られたところでどうこうするつもりはあまりありませんでしたけど!

まぁ、ここでの結果を信用するならば低い値の範囲に入ることが若干ながら多いですが、ぶっちゃけ誤差レベルですよね。特に適当に範囲を決めてもそこまで影響は無いような・・・今度平均値でもとってみようかな
てか、統計学をちゃんとやっていた人に任せる!私はこれで限界です
スポンサーサイト

| MUGEN | 01:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

値の大きい方が回数が多かった場合かつ、
回数に差があるのが検証2の五回目だけということから
値が小さい方が気持ち出やすいように感じますね。

まぁ誤差の範囲なのかもしれませんが。

| jdi | 2010/01/16 23:41 | URL | ≫ EDIT

>>jdiさん

今帰ってきたばかりなのでまだ検証3をやっていないのですが、なんとなく少ない数値が出やすいということはそこまで無いんじゃないかと思うんですよね。

一番の問題はサンプリングの数が少ないことでしょうか。統計学を真面目にやらなかったツケがこんなところで出てくるとは。後々、試行回数やら取る値を大きく変えてやり直すつもりです

とりあえずは現在の検証を終わらせることですね

| Mk.Xッ!!! | 2010/01/17 18:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fightmugen.blog120.fc2.com/tb.php/403-dc282f03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。